山をのぼる人を身近にするwebメディア やまポトレ

07

齋藤光馬

なんて山って素晴らしいんだろうって、登るたびにいつも思います。

高校時代は山岳部で、毎週山に登る生活だった光馬くん。

大学入学後は、バックパッカーとして世界を旅したけれど、山に勝る絶景や感動はそう多くはなかったそうだ。

「若者が登山する文化をつくりたいんです」

そう語る彼は、登山をしたことがない初心者たちを引き連れて、登山することもしばしばあるという。

そんな彼の、山への思いや原体験とは、一体どういうものなのだろうか。

高校の山岳部時代は、毎週テント泊で山に入ってましたね。金曜日の放課後から山に行く生活を、3年間ずっと。

今思えば異常な高校生活だったかもしれませんね笑

幼少期に、父に連れられて山に行ったり自然で遊ぶ体験をたくさんさせてもらいました。それが今になって、大きな財産になってる実感があります。今でも自然が大好きですから。

山に登ってると、人工的な音が無いのが心地いいなって思います。

風に揺れる木々や流れる水のせせらぎ、鳥の声や自分の足音。

”山と自分”という感覚は、非日常で贅沢な気持ちにさせてくれます。

ごちゃごちゃとしていた頭の中がすっきりと整理もされるので、登山は最高のリフレッシュでもあります。

悩んでいたこともいつの間にか、「まあいいか!」って。山に救われたことは、一度や二度じゃありません。

楽しいだけじゃなくて、しんどいからこそ、登頂した時の喜びって大きいと思うんです。

それを一緒に分かち合える仲間がいれば、もっと最高だなとも。

山に登るとわかるんですけど、圧倒的に若い人が少ないなって思います。

もっとたくさんの若者に山に行ってもらいたい。

スマホからだけじゃなく五感をフル活用して、自然の美しさや雄大さ、厳しさや感動を味わってもらいたいなって思ってるんです。

齋藤光馬さんが
登った山のレポート

PROFILE

齋藤光馬

  • SNSアカウント
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • YAMAP

高校山岳部を経て個人で登るようになり、「もっと多くの若者に登山するきっかけを作りたい」と、仲間を募って今日も山に登っています。人を成長させるのは旅と山だと本気で思ってる、最近の人生です。

  • 誕生日1993.10.26
  • 出身地宮城
  • 職業大学生
  • 登山歴10年弱
  • 山を始めたきっかけ山岳部への入部
  • 山の好きなところ空気もご飯もコーヒーも美味しいし、自然は雄大で美しいし同じ景色はないし、いつでも行けるしお金はかからないし、、キリがない!
  • 趣味旅、流木拾い、芸術鑑賞
  • 好きなブランドARC'TERYX、古着
  • 好きな街ラツィーゼ、マラガ
  • 好きな本旅をする木/星野道夫
  • 好きな音楽浜田省吾
  • 好きな映画となりのトトロ
  • 好きな言葉むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに。

その他のPEOPLE

PEOPLE TOPへ